三重県助産師会  
    


 助産師会は助産師相互の協力と助産専門職の水準の維持向上並びに利用者に対する質の保証を図り、母子保健事業を通じ、女性と子ども及び家族の健康・福祉の改善・向上に貢献することを目的としています。具体的には各種セミナーを開催し、地域ごとに地区分会で交流を深める等しています。

3部会(助産所・保健指導・勤務部会)の各部会に所属して活動しています。





【 助産所部会 】


 助産所部会は分娩を取り扱う助産所の開設者、勤務者で構成されています。
県内には6ヶ所(2ヶ所は出張専門)の助産所があります。自然なお産がしたい、自宅分娩を希望している、上の子を連れて入院したい、家族を交えたあたたかいお産がしたい、自分らしいお産がしたい…など様々な相談に応じています。
分娩は、嘱託医療機関の協力を得て安全な分娩を第一にお世話させていただきます。

また、母乳育児相談や乳児健康相談などにも応じております。皆さまの地域の近くに助産所があります。
助産所一覧表をご参照ください。
助産師は、母と子の結びつき、そして育児のスタートを応援しています。いつでもご相談ください。

   ● 入院施設を持ち、分娩を扱う助産所  ⇒ ⇒

   ● 入院施設を持たずに、出張分娩を扱う助産所  ⇒ ⇒



【 保健指導部会 】
 
 保健指導部会員は、お産を取り扱わず、母乳育児支援型の開業助産師(施設開業または出張開業)と、行政の委託を受けて、妊産婦新生児訪問事業および母親学級・両親学級等の健康教育事業に携わっている助産師とで主に構成されています。
 会員数は 39名(平成22年11月現在)

「お母さんと赤ちゃん、そして、そのご家族」が地域で安心して子育てができるよう、私達は訪問や保健センター等で支援させていただいています。また、助産師から伝えられる「命の大切さ」をテーマに、小中学校・高校に出向き、出前講座もしています。


   ● 施設を持ち、専門的に活動している助産所  ⇒ ⇒

   ● 施設を持たずに、訪問を中心に活動している助産所  ⇒ ⇒




 【 勤務助産師部会 】

 勤務助産師部会はその名称の通り、各病産院に勤めている助産師で構成されています。
「助産師会」というと、助産院を開業している助産師や地域で保健指導に従事している助産師が中心の会だと思われるかもしれませんが、勤務助産師部会員は 62名(平成22年11月現在)と会員数の約 6割を占めています。
主な勤務先は病院などの医療機関の他に、看護学校や助産師学校、大学などの教員もいます。
勤務助産師部会の勉強会や定例研修会に参加するなどして、最先端のことを勉強しています。

       








      







                                     三重県支部の概要 | 助産師会とは | 入会のご案内 | 県民の皆様へ| リンク集